2010年08月17日

menu.9、こんな感じでした

二週間ちょっと前になりますが、
「オイシイオンガクmenu.9」、
大盛況のうちに終了しました〜。

たくさんの方にご来場頂き、心より感謝いたしております。
ありがとうございました!


当日のイベントの様子や、所感などをつらつら書いてみましたよ。

-----

お昼にちょっと曇ったけど、大阪、晴れ。夏らしい日。

今回の「オイシイオンガク」ではイベント名にもぴったり、
パン、キッシュ、クッキー、ドーナッツ、パウンドケーキなどなど
「pecori」と「bean&pea」のおふたり、
腕によりをかけて机いっぱいのフードを用意してくれました。

開演前から早速ぱくぱく食べる方もチラホラ
なんだか嬉しい光景。
わたしもツナが入った優しい味のキッシュ、
オレンジがさわやかなパウンドケーキを頂きました◎
どっちもおいしかった!

0731_p&b_blog2.jpg
                           目にもおいしい たくさんのフードたち!


ライブ、まず1組目はフロム京都、Maison de sistelia
妹尾立樹さん(ex sistertail)のソロプロジェクトです。

0731_r_blog.jpg
                アコースティックギターの音色とハスキーな声がすてきでした


バンド・弾き語りと色んな形態で演奏されていますが、
今回サポートにはTurntable Filmsのドラム田村夏季さん、
ベース谷健人さんが参加。

われわれは前菜です、このあとにメインディッシュが来ますので、
となぜか終始めちゃくちゃ低姿勢だったんですけれど・・・

ゆるーーいMCを間に挟みつつ、ゆったりとした心地よいメロディをたくさん。
田村さん、谷さんとの息もぴったり。
気の置けない雰囲気があって、フロア全体がリラックスしてるような。

リッキーさんの声は包容力があるといつも感じます。
夏の冷房でうっかり冷えた体が温まる心地。
言葉を聴いてると、毎日の暮らしが愛しくなる。
忙しい大人のための音楽。かも。



この日は開演時からたくさんお客様が入られていて、
フロア後部ではすでにお酒片手ほろ酔いな、楽しいざわめき。

やがてすっと客電が落ちると、
舞台には黒く艶やかなアコースティックピアノと次松大助さん。
フロアの空気がしん、と鎮まる瞬間。

0731_t_blog.jpg
                          ほんと、絵になる


繊細だったり、
どきっとするほど強かったり、
セクシーだったり無邪気だったり。
生のピアノの音は、本当に圧巻です。

次松さんの曲は、一曲ずつが物語か映画みたい。
そしてほんの少し、ノスタルジック。

the miceteeth時代から“お酒の妖精”な次松さん
 (↑愛を込めて書いてます) 
やはりステージドリンクはマイ焼酎。
何かで割ってました。
割ってたけど、明らかに濃ゆそうでした。


音に飲み込まれて、時間が過ぎるのがあっという間だったなぁ・・・



うっとり気分が続きます。
次はフロム東京、轟渚さん。

この日の紅一点、な存在です。

0731_n_blog.jpg
                 歌詞に合わせ、時折手をすっと上げる仕草も。魅力的でした


大人の女性が持つ豊かな感じ。
少女っぽいあどけなさも垣間見せつつ。
轟さんは音の中で、色んな表情になります。

今年5月に発売されたファーストアルバム「夜明けの唄」のレコ発大阪。
そのアルバムの中から「いますぐに」、「TOWER」などをたっぷり。

少しブルーが濃いのやけど、
だから光が当たる部分は、より一層輝いて見えるんやなぁ
そういうことを考えていました。


轟さん、8月28日には東京・渋谷の7th FLOORにてレコ発ファイナルがあります。
共演には寺尾紗穂さん、NEWDAY
ゲストに塚本功さん。
司会(!)にSAKEROCKの浜野謙太さん

すごく楽しそう!お近くの方は是非です◎ 
(詳細はオフィシャルサイトをご覧ください)



さてさて、この日のトリは奇妙礼太郎トラベルスイング楽団
耳にした瞬間、誰もがつい引き込まれて踊ってしまうような。そんなバンド!

0731_k_blog.jpg
                                       多すぎて全員写りません

あれれ こんなに人多かったでしたっけ
人数をあんまりよく覚えてないのですが、とにかく大所帯!でした。
知らない間に妹尾リッキーさんまで駆り出されており。笑

一曲目からホーン隊の音がパーン!
照明もきらきらー!
奇妙さんのええ声も響き渡って、すぐに会場中がパーティ感でいっぱいに。

コール&レスポンスがスムーズすぎて、
奇妙さん「今日の客、ちょろい」発言。
らしくて笑える。(素直ってことですね!)

みんながそれぞれ、思い思いに体を揺すぶって、
歌ったり、お酒飲んだり、喋ったり。
終始笑顔が溢れかえった、陽気な時間でした!

-----

ライブの後って、フロアにいくつもの乾杯とおしゃべりの輪が出来ますよね。
「あともうちょっと、楽しみたい」、みたいな雰囲気。
あれがわたしはすごく好きで。

ライブ後の「ざわざわ」には、しあわせがいっぱい混じってると思います。

-----


「オイシイオンガク menu.9」、そんなこんなで終了です。
拙い文章ではありますが、少しでもイメージが伝われば良いなぁ。

改めまして、
出演者の皆様、
knaveの堤野さん、スタッフの皆様、
応援してくれる友達。

そして当日ご来場下さった皆様に、
心より御礼を。

ありがとうございました!


-----


その他の写真はコチラでご覧になれます。
一番下にある「オイシイオンガクmenu9」のフォルダをクリック!
(ウェブサイト「fotologue」で開きます、スライドショーで楽しめますよ)


今回の撮影は友人である栗原葉子さん。(いつもありがとお!)
彼女のサイトは、「rocking boat」。
すてきな空気にたくさん触れられます。ぜひ!


-----


次回は「オイシイオンガク」、ついに!10回目!となります。

現在鋭意ブッキング中。
近々発表いたしますので、どうぞお楽しみに!


posted by オイシイオンガク at 23:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | menu9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。