2012年02月19日

menu.13、振り返り(その1)

こんばんは。
早いもので、もう一ヶ月ほど前になります。
13回目のオイシイオンガクは、1月21日と22日の2days開催、宮内優里さんのレコ発姫路&大阪編でした。

どんな様子だったか、2回にわたって振り返ってみたいと思います。まずは1月21日、姫路ハルモニアから。

10-IMG_0629m.JPG

今回の写真はすべてiPhoneで撮影。これはHipstamaticで撮りました。効果がおもしろいですよね。

というかこんな調子で、今回は全体的に画質等がよくないです。
申し訳ありませんが、ご了承ください。
各々、心の中で適宜補正して頂ければ幸いです。

- - -
21日の土曜日はしとしと雨。
このイベントはほんっとに雨が多いのですが、足元が悪い中にも関わらず、たくさんのお客さんが姫路ハルモニアに集まって下さいました。

ハルモニアは私自身はじめて訪れる場所だったのですが、アンティーク調の内装が心地よいスペースでした。ふかふかソファーがたくさんあって、しかもいずれも大き目サイズ。みなさん、ふかっとリラックスしてイベントを楽しんでいたけたのではないでしょうか。

「ニャンと」のマフィン出店もありました。この日はココア&クリームチーズ、ポテト&ベーコン。イベント始まってからあっという間に品薄状態→早々にソールドアウト。大好評でしたね!
皆さん、実に美味しそうにモグモグと。(私は食べ逃したので羨ましかったですー)
11-IMG_0600n.JPG

- - -

まず一組目に登場は、今や押しも押されぬ人気、と言っても過言ではなさそうな京都のバンド、Turntable Films。
間奏のハンドクラップ&コーラスワークがハッピーで楽しい「Hot Tea After The Lunch」からスタートです。
1-IMG_0589t.JPG

「Bye Bye Love」や「Where Is My Little Heart」、「Good Bye My Friend」など、この日は大人めセレクトのセットリストだったように感じました。4月にリリースされる新しいアルバムからの曲もあり。早くもリリースが待ち遠しい!

少しハスキーな井上さんの声はどこか色気もあって素敵だし、演奏やコーラスワークの素晴らしさだけでなく、演奏する姿もばっちりな4人。(演奏する見た目も大事だと思っているのです。自論ですが。)
宮内くんの大ファンであるドラム・田村さんを盛大にいじる場面もあって、とても微笑ましかったです。

ユルめのMCも相まって、しっかりと見る人の気持ちを掴んでしまうところも小気味よい。
この日はアコースティックセットだったこともあってか、お客さんも曲の良さを純粋に味わっているように見受けられました。
2-IMG_0590t.JPG

打って変って、終わりの2曲は通常のライブでもとても盛り上がる「Won't Let You Down」、「Welcome To Me」。
踊り出したくて、思わず腰が浮いてしまう瞬間!
ラストにかけて上がっていく感じ、爽快で気持ちが良かったです。

また場所やシチュエーションがどうあれ、「らしい」パフォーマンスがしっかりと出来るっていうのは一つに強みだなぁ、なんて思いました。
Turntable Films、ほんとにいいバンドです。
3-IMG_0598t.JPG

- - -

二組目にはYeYeさん。
昨年リリースされたアルバム『朝を開けだして、夜をとじるまで』が各所で話題の、京都在住・ひとり多重録音をこなす現役女子学生。
この日はドラム・パーカッションにsistertailLLamaの妹尾立樹さん、ベース・ピアニカ等々にLainy J Grooveの浜田じゅんさんを迎え、バンドセットでの登場です。
4-IMG_0607y.JPG

「雨が降ってきた」の詞で始まるしっとりとした曲から、会場の空気がそろりと動き出す。
アコースティックギターの凛とした音とYeYeさんの透明感のある声、耳にした瞬間、スーッと引き込まれてしまいました。
5-IMG_0612y.JPG

アルバムより「morning」、「uminami」、「出会う、わかれる」などを続けて演奏。
サポートのお二人が決して出過ぎず、あくまでYeYeさんを引き立てるようにされていたのがとても印象的。weezerのカバー「Buddy Holly」もしっかりYeYeワールドにはまってました。(ちなみに私は最近こちらばかり聞いてるので、原曲思い出せなくなってきました。)

「You are singing always」では、ところどころウィスパーボイスになる感じとか、
ラスト曲「言う」では、優しいピアニカの音色、控えめで優しいリズムが、YeYeさんの透度の高い声に彩りを添える感じとか。
とても優しく、ゆたかな時間を堪能することができました。

ユニークで不思議、かつ素敵な世界観と、少女と大人の女性の雰囲気を併せ持つところ、YeYeさんの魅力かなぁと思います。
オレンジの照明が温かな空間で、ちょっと夢見心地でした。
6-IMG_0611y.JPG

- - -

ラストはメインアクトである宮内優里さん。
一曲目は夜明けを想起させる、始まりの予感に満ちた印象(音源化されてないそう)。それから流れるように「okt_」へ。
ピーナッツ型のマラカスを振り、トライアングルを奏で、ドラムパッドを打ち鳴らし、ピアニカを吹き、ギターを爪弾き・・・次々に音をサンプリングして行きます。そのパフォーマンスに、早くも会場の皆さんの視線や感覚が釘付けになっていくのが感じられました。
7-IMG_0619m.JPG

昨年発売されたアルバム『ワーキングホリデー』から「unoi_」、「読書(唄なしバージョン)」(音源では星野源さんとコラボレーションされてます。)、またファーストアルバムから「seivi_」の演奏もありました。
「seivi_」についてはMCで話していた通り、始まりのギターフレーズ以外はかなり異なるアレンジになっていましたが、音源の再現にこだわるだけではなく今の感覚で再構築して見せるあたり、宮内さんの感性のフレキシブルさに圧倒されます(ライブの形態に起因するということもあるとは思いますが、興味深いです)。

ループを幾重にも重ね、全ての音が綺麗に合わさった時、ぞわっと鳥肌が立ちます。とても美しい。
8-IMG_0623m.JPG

この日は座りのイベントでしたので、宮内さんの足元が少々見えづらかったと思われますが、MCで「何をしているか」、実践を交えての説明もあり。これでみなさん「あーそういうこと!」と合点がいきます。親切!
そんな風にMCでは、気負いの無い自然体な人となりが垣間見えて、魅力的。そしてとてもおもしろい。いつか本当に、さだまさしさんばりのMC≧演奏時間なアーティストになられるのでは、なんて思ったりして・・・。

本編ラストの、ドラマティックな展開が美しい「meole_」の後には無事(?)アンコールもかかり、前作のアルバム『Toparch』よりギターのフレーズが印象的な「Mirea_」(声なしバージョン)でフィニッシュを。
1時間超のステージも短く感じる程、濃密で素晴らしいステージでした。
9-IMG_0625m.JPG

終わってからも会場の中にはゆるく心地よい時間が流れていて、みなさん思い思いに過ごされていました。
ハルモニアの持つ懐の深さや、気兼ねしなくてよい雰囲気も最高でしたね。

当日お越し頂いた皆様、ハルモニアスタッフの皆様、出演者・関係各位の皆様、ありがとうございました!

- - -

長い記事となってしまいましたが、最後までお読み頂き、ありがとうございます!

宮内さんをはじめ、今回出演頂いたみなさんの今後のライブ情報等、しっかり記載したいところなのですが、取り急ぎ本日は京都OILにて宮内優里さんのライブがありますので、その告知を。

アルバム「ワーキングホリデー」のリリースツアーはまだまだ続いていて、今日は京都編(二回目?)。
京都を拠点に活動されているボーカル&ピアノユニット・rimaconaが共演です。「ほんじつのおんがく・出張編」もあるそうですよ。
もしたまたまご都合が良いという方、興味をお持ちの方は、是非京都OILへ足を運んでみてください。
ぎりぎりだけど、まだ間に合うと思いますよ!
(注:申し訳ありませんが、当日券の有無についてはこちらでは分かりかねますので、事前に会場にお問い合わせ頂きますようお願いいたします。ソールドアウトしてたら、ごめんなさい。)

========
night cruising presents
"宮内優里「ワーキングホリデー」Release Tour in KYOTO"

2012年2月19日(日) 18:00open / 19:00start
at.OIL (京都 三条)
前売 2300yen(+1drink) / 当日 2800yen(+1drink)

LIVE : 宮内優里、rimacona

※詳細はこちら→ night cruising

<京都OIL>
京都市中京区麩屋町通三条下る白壁町442 FSSビル6F
075-241-1355
========

- - -

「オイシイオンガク menu.13の振り返り」は、また次回の大阪編へと続きます。
こっそり楽しみにして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
posted by オイシイオンガク at 14:31| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | menu.13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。